Temple Stay at the beautiful Jinkwansa temple (아름다운 진관사에서의 템플스테이!)

Temple Stay at the beautiful Jinkwansa temple (아름다운 진관사에서의 템플스테이!)


信じられますか。ソウルにもこんなところがある! 自然の中でリラックスし 韓国の伝統文化も体験できるテンプルステイをご紹介します! 一緒に見てみましょう! みなさん、こんにちは。<VisitSeoul TV>へようこそ! ララです~ 今日私は津寛寺(チングァンサ)に来ています! みなさんも知っているかもしれませんが、 最近テンプルステイを体験するためにソウルを訪れる外国人が多いです。 私はまだ体験したことがありません。 今日一緒に体験できそうですね! さあ、私と一緒にテンプルステイを体験してみましょう! まだソウルの中にいるというのが不思議ですね。 まだ都市の中にいます。 みなさんがソウルと聞いてまず思い浮かぶのは高いビルや技術、多くの人々だと思いますが、 ソウルでここより美しいところはないと思います。 ソウルとは思えないんです。 ここ本当に好きです! こんにちは。 こんにちは。 韓国へようこそ。また、津寛寺へようこそ。 ララさんでしょう。 はい! 私はソヌです。 私は津寛寺のテンプルステイプログラムを担当しています。 はじめまして。 今日はララさんがテンプルステイプログラムの参加を希望すると聞きました。 はい! 1泊2日のプログラムだけではなく1日のテンプルステイプログラムもあります。 どのプログラムに参加しても韓国の伝統文化を理解する良い時間になると思います。 はい!ぜひ参加したいです。 まず着替えを済ませます。 なるほど! いいんですか。 もちろんです! それでは一緒に行きましょう! この建物は絵もなく、普通ですね。 すごく伝統的な韓国の家のように見えます。 そうですね。 ここは含月堂といいます。 ここがテンプルステイが実施される含月堂である。 伝統的な家屋が本当に素敵だ。 着替えてきます~ ララさんは面白いですね~ よく似合ってますよ。 どうですか。 リラックスできる服装ですね。 また、とても柔らかいです。 1泊2日のプログラム参加者はここで何をするのか見てみましょう。 1泊2日のプログラムに参加した人はここでお茶を飲んだり勉強したりします。 そして、この部屋で寝ます。 綺麗で、韓国固有の趣が感じられる。 綺麗すぎる部屋 当然布団や枕も用意されている。 バスルームには浴槽まで! ララさん、ここはオリエンテーションのための重要な場所です。 ここに入る時は手を合わせてお辞儀をします。 なぜなら、ここは公共の場だからです。 私たちはここを尊重しなければなりません。 公共の場に行く時は謙虚な態度を取らなければなりません。 仏教徒はいつもお互いを尊重し合います。 人と会ったら掌を合わせてお辞儀をします。 よくできましたね、ララさん。 仏教での最も基本的な「合掌」を学び、 正しい姿勢でお辞儀をする方法を学ぶ。 ララさん、ありがとうございました。 さあ、お寺の歴史を学びに行きましょう。 お寺を見に行こう! 津寛寺はソウルの四大名刹の一つである。 1011年に顕宗が津寛大師のために建てた寺だが、 朝鮮戦争の時爆撃で廃墟になった。 その後再建され、現在の姿となった。 この風景は実に美しい。 津寛寺での最初のミッションは自分を許すことです。 準備はできましたか。 はい! 次に自分の過去から自由になり、
さあ、中に入ってみましょう! これは本当に美しいです~ 提灯です。大勢の人たちの願いとともに美しい提灯があります。 みんなが自分の名前と願い事を書いてこう掛けておきました。 このような美しい寺に来る時はいつも謙虚な気持ちで来ます。 さあ、入ってみましょう。 ここでもこのようにお辞儀をします。 この本堂(大雄殿)は1965年に再建されました。 今の季節は色とりどりの紅葉を見るのにぴったりな季節です。 そうですね。本当に綺麗です。 今日は寒くもなく…。 はい、また暑くもないですね。 そうですね。 ここは羅漢殿です。 ここで願い事をすれば叶うといいます。 ララさんも叶えたい願いがありますか。 はい、あります! そうですか。 はい、願い事はたくさんあります。 願い事は一つだけにしましょう。 ひとつだけ! さあ、入ってみましょう。 先練習したように手を合わせてお辞儀をします。 朝鮮戦争以後津寛寺のほとんどの殿閣が焼失し、 羅漢殿、七星閣、独聖殿の3棟のみ残った。 このうち半分だけ残っていた羅漢殿が津寛寺を再興させる心臓だと思い、 多くの人々がここで祈りたいと願った。 そのため、ここで祈ると願いが叶うという伝説が生まれた。 最後にここをお見せしたいと思います。 2009年にここで本当に重要な太極旗(韓国の国旗)を見つけました。 この七星閣が突然傾いてしまいました。 それで多くの学者がこの建物の状態を確認しました。 その学者たちはこの建物は完全に解体して建て直すべきだという結論に達しました。 この建物は文化財なので学者たちと一緒に作業をすることになりました。 それでご住職は2009年にこの建物を完全に解体すると決めました。 私たちは仏像やその後ろの絵、壇上を分離しました。 最後に壁が一つだけ残りましたが、 地面から高さ約1メートルのところにぷくっと突き出たところがありました。 働いていた人々はあの壁の中にあるのはいったい何なのかと思いました。 それは大韓民国の国旗と
独立に関する新聞の報道資料だった。 白初月僧侶様が日本の厳しい監視の目を逃げて 危険を冒してでも保管していた非常に重要な歴史的記録だった。 ここで見つかった太極旗は日の丸の上に描かれていたが、 これは日本を踏み越えて韓国の独立を果たすという白初月僧侶様の
強い意志が反映されたのだ。 さあ、これからは茶啖(タダム)の時間です。 ここはボムンワンです。 ここに座ってください。 茶啖時間は自分自身を尊重する方法を教えてくれる素敵な時間です。 このふたを開けることから始めましょう! 前にあるものは両手で扱います。 さあ、開けてみましょうか。 これはマンゴーとはちみつを入れて蒸したクリです。 昔王や王妃がここを訪れた時に出していたお茶とデザートです。 ララさんも王様のように姿勢を正して座ってみてください。 今本当に特別な人になったような気分です。 そうです。ララさんは本当に特別なお客さんです。 さあ、お互いにお辞儀をし…。 今日はあなたのためにお茶を差し上げます。 お茶の飲み方やマナーを学ぶよい時間だった。 お茶と一緒に食べた茶菓も本当においしかった。 僧侶様からいい話も聞いて多くのことを学ぶ
有意義な時間を過ごした。 本当に心が温かくなる時間だった。 ララさん、これからご住職に会いに行きます~ ラッキーなことに今日ご住職がララさんに会う時間を作れそうです。 光栄です。 そうですね、とても光栄です。 ララさん、一緒にお辞儀をしましょう。 こんにちは。 教わった通りお辞儀をします。 ララさん、一緒に挨拶しましょう。 ありがとうございます。 彼女の名前がララです。 ラララ津寛寺という私たちの作った本のタイトルと名前が同じでご住職があってくださいということで一緒に来ました。 プーアル茶もどうぞ。ラララ津寛寺の本を差し上げます。 身の主人は心だが、心の師匠は身である。
すべてが思うがままにうまくいきますように。 ここには私たちが夜明けに仏を礼拝するイラストがあります。 プレゼントです。 ありがとうございます。 五色の糸、これは五方の色といって東西南北の中央ですが、 世界のどこに行っても中心になれという良い意味が込められています。 良い時間を過ごせたらいいですね。 これはダライラマの祈祷文ですが、一度読んでみてください。 生きていることに感謝するという内容です。 ララさんには本当に幸福の多い日ですね。 ありがとうございます。 ありがとうございます。帰りますね。 これからいいことだけあるといいですね。 ありがとうございました。 ジャジャーン!これ本当に好きです。 ゲホ僧侶様にもう一度よろしくお伝えください。 さあ、そろそろ精進料理を食べに行きましょう。 今日の精進料理は特別に用意しました。 普段はこういう食事ではありません。 本当ですか。 はい。普段はごはんと3種類のおかずだけです。 でもララさんはお坊さんではないから、私たちが本当に工夫しました。 行きましょう~ こんにちは。 ここ津寛寺では精進料理の研究もしている。 すべての食べ物に人工調味料を使わない。 食材の多くはお寺の中またはその周辺で直接栽培する。 見ているだけでもフレッシュさが感じられる。 礼儀正しく本当においしい料理を食べた! ララさん、食事はどうでしたか。 本当に美味しかったです。本当にありがとうございました。 今回は本当に特別なケースです。 私たちはララさんをスペインのVIPだと思います。 一般的な場合はビュッフェ式の少し違う精進料理を食べることになります。 今日私は1日のテンプルステイを体験してみましたが、 みなさんは1泊2日のテンプルステイも体験することができます! みなさんも本当に本当に素敵な仏教の人生を体験してみてください! 今日はソヌ僧侶様と共にこの経験ができて本当に光栄でした。ありがとうございます。 今日は本当にいい時間を過ごせました。 私はみんなに会いたいです。 みなさんがソウルに来たら、ぜひ韓国の伝統文化を体験してみてください。 そうですよ。みんなぜひぜひ来てみてください! では、またね。バイバイ~

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *